« 虫の声 | トップページ | 事故 »

常識と主観

常識と主観の間で揺れ動いています。

お客様あっての仕事ですので、当然常識を身につけなければなりません。

しかし、世間一般で言われる「当たり前のこと」や「普通のこと」が私にとっては普通ではないということが多々あります。

自分の感覚で動いては、どうしてもうまくいかないということが多いのです。

今までであれば、誰に何を言われようと私は私、と断じて個性を貫けばよかったのですが。お客様に迷惑がかかってしまうという事態に至ってはそうもいってられないのです。

しかし、「常識」とか「当たり前」という言葉で自分の限界を決め付けてしまう危険性というのも常にあると思うのです。

その使い分けがバランスよくできればいいのですが、まだまだ修行が足りないようです。

今しばらくは極力常識的な行動ができるように努力を続けていく所存です。

|

« 虫の声 | トップページ | 事故 »

自分のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。